top of page
  • 執筆者の写真ソーシャルメディアTEAM

バーチャル インフルエンサーがデジタル マーケティングを変える?

更新日:2023年1月17日

バーチャル インフルエンサーがデジタル マーケティングの状況をどのように変えているのでしょうか?





バーチャルインフルエンサーとは?


バーチャル インフルエンサーは、ソーシャル メディア プラットフォームでインフルエンサーとして行動するように設計された、コンピューターで生成されたキャラクターです。


魅力的なコンテンツを提供し、フォロワーとやり取りすることで、製品やサービスを宣伝するために使用されます。

バーチャル インフルエンサーは、ブランドがより多くの視聴者にリーチし、エンゲージメントを高め、ブランドとそのフォロワーとの間により本物の関係を築くのに役立ちます


また、従来のマーケティング手法ではターゲティングが難しいことが多い若い層にブランドがリーチするのにも役立ちます。


さらに、バーチャル・インフルエンサーは、消費者の行動や好みに関する貴重な洞察を提供できるため、ブランドはマーケティング戦略をより適切に調整することができます。




バーチャル・インフルエンサーがリーチするオーディエンスとは?


Influencer Marketing Factoryが実施した2022年のバーチャル・インフルエンサー調査によると、回答者の58パーセントが少なくとも、1人の仮想インフルエンサーをフォローしており、消費者の35パーセントがバーチャル・インフルエンサーが宣伝する製品を購入したことがあると述べています。


18歳~44歳の年齢層がバーチャル・インフルエンサーが宣伝した製品を購入する可能性が最も高かったと述べています



バーチャル・インフルエンサーの人気が高まってきている理由は?


バーチャル・インフルエンサーの人気が高まっている要因は様々ですが、注目したいのが「アクセシビリティ」です。バーチャル・インフルエンサーは人気を集めるために、人格・ストーリー・背景が割り当てられます。


バーチャル・インフルエンサーは人間的な欠陥がなく、24時間365日、完璧な「美」を保つことができ、ある特定の地域に縛られないため、あらゆる層にリーチできる可能性を持っています。


セレブリティやインフルエンサーの獲得が難しくなり、「インフルエンサー寿命」が限られている現在、バーチャルなインフルエンサーは、マーケテイングやブランディングにおいても、効果的な選択股の一つになりつつあります。




バーチャル・インフルエンサーを起用する際の利点


世界でトップクラスのバーチャル・インフルエンサー、Lu Do Magalu (Instagramフォロワー数、600万人)、Lil Miquela(Instagramフォロワー数、300万人)、日本国内ではimma(イマ、Instagramフォロワー数、40.6万人)などのバーチャル・インフルエンサーが多くの有名企業とコラボしてきました。


バーチャル・インフルエンサーと協力することの大きな利点は、企業・ブランドが構想から完成までプロジェクトを完全に管理できることです。


従来のプロセスのように、インフルエンサーに依存することなく、24時間体制でバーチャル・インフルエンサーにコンテンツを作成してもらうこともできます


常に新しいコンテンツを求めるオーディンエンスを惹きつけ、ターゲティングするオーディエンスとバーチャル・インフルエンサーをマッチすることによって、ブランド独自のコンテンツを継続的に生み出すことができます。


バーチャル・インフルエンサーと連携するもう1つの利点は、若いオーディエンスにリーチできることです。


ブランドが独自のバーチャル・インフルエンサーを創り出すことも可能ですが、時間とご予算、ペルソナの構築など課題もあります。


既にある程度知名度のあるバーチャル・インフルエンサーとコラボレーションをし、コンテンツを作成・発信することがバーチャル・インフルエンサー起用の第一歩とも言えるでしょう!





bottom of page